123456789101112131415161718192021222324252627282930
2019-09-17 (Tue)

来年2020年 2月9日(日)リック羽曳野にて
第7回アマービレ電子オルガンコンテスト
が開催されます。

今回で第7回を迎えるコンテストですが、
課題曲コース、自由曲コース 共に
エントリー開始となり

締め切りは2019年11月9日(土)
となっています。


img20190917_01463428.jpg


課題曲コースは
今回は新たに平沼有梨さん、安藤ヨシヒロさん
両プレイヤー作曲によるオリジナル曲が追加され

コンテストの為に書き下ろしされた課題曲となっています。


コンテスト課題曲ではありますが
テキストとしてレッスンで使って頂くのも
良いかと思います。


詳しくは
アマービレ電子オルガンコンテスト公式HPをご覧下さい!
https://www.amabile-organ.org/

毎回全国より沢山の方々に参加頂いていますが
今回も皆さまの素敵な演奏と挑戦を
サポートさせて頂きながら
コンテストを開催させて頂きます。


今回も素晴らしい演奏に出会える事を
楽しみにしています。


| コンクール | COM(0) | | TB(0) | |

ますます賑やかに!

2019-09-15 (Sun)
こんにちは。
月曜日、ピアノ科担当の尾崎です。

朝晩、少しずつ涼しくなり
楽になって来ましたね。

クーラー要らずの日も
近いのではないでしょうか。

最近の夕立、雷、凄いですね。
長い時間ゴロゴロと雷がなっていたり、
突然の豪雨。

屋内に居ても
あのバリバリの雷は怖いです。

今月我が尾崎クラスには
新しく小さいお友達が増え

ますます賑やかに楽しく
レッスンさせて頂いてます。

生徒さんが増え、教室も益々
盛り上がって、嬉しい限りです。

レッスン前後の生徒さんの
楽しそうな話し声を聞いていると
元気をもらえる気がします。

賑やかなのはとっても良い事ですが
くれぐれも、レッスン中は
少し、声のトーンを抑えて下さいね。

レッスン中、意外と外の声、聞こえてるんです。

走り回ったりするのも避けて下さいね。
レッスンの妨げにならないよう
ご配慮お願いします。

| レッスンの様子 | COM(0) | | TB(0) | |

コンクール審査&秋に向けて

2019-09-11 (Wed)

こんにちは。
ピアノ科の谿 博子です。

急な大雨や台風など
荒れ模様のお天気の後には

真夏以上かと思われるような
猛暑が続いています。


夏の疲れが出る時期でもありますので
みなさまご自愛くださいませ。


今年の夏休みも何度かコンクール
審査をさせていただきました。

参加者お一人お一人の頑張りと、
ご家族とご指導されている先生方の
ご尽力がうかがえて、頭が下がる思いでした。


皆様が、これからも楽しくピアノを
続けて下さることを願っています。


さて、コンクールは秋以降も
たくさん開催されています。

教室でもコンクールやグレード試験に向けて、
準備が進んでいます。


まだまだ暑いですが、
もう9月。

いい状態で本番を迎えられるように
頑張っていきましょう。

| レッスンの様子 | COM(0) | | TB(0) | |

Rくんのはなし ②

2019-08-29 (Thu)
Rくんの何気ない言葉とは
レッスンでのちょっとした会話です。

コンクールは沢山練習しますから、
生徒さんの中には、それに耐えられない子も
います。練習したのに、結果が出なくて

落ち込んでしまう事もあります。

なので、私も恐る恐る

Rくんの気持ちを確認。。


私 「コンクールホント頑張ったね!ママもパパも喜んでたね!」


R 「めっちゃ感動してたなー ドヤ顔」

私「すごい頑張ったもんね!また次回は一つ上の賞を目指ざす?」

R「うん!次いつ?」


私「また来年だよ。」

R 「来年かー頑張る〜!!絶対来年頑張るわ。」

私 「そっか!頑張ろうなぁ。」
「次は発表会もあるから、先ずはそれに向けて 頑張ろっ」

R 「うん。やるでぇ〜」


と、そんな会話でした。


何げない会話でしたが、Rくんの純粋な気持ちに
触れられて、とても嬉しかったです。

Rくん、全くへこたれていませんでした!

それどころかむしろ、次への意気込みが
凄かったです 笑

さすがRくん!


何度も何度も同じ所を練習し、厳しく言う事もありました

それでもRくんは負けず嫌いと言うか、
余裕!みたいな顔をして頑張っていました。

お家でもきっと色々大変な事が沢山あったと思います。


それでも、パパとママが一生懸命支えて下さり、
協力して下さったお陰でRくんが前向きに取り組み
大変な練習も力に変えて頑張れたのだと思います。


厳しさと愛情一杯で育んでくれた
お父様とお母様に心から感謝しています。


今年は妹も参戦します!

2人でまた新たな挑戦だね。
頑張ろうねー

| レッスンの様子 | COM(0) | | TB(0) | |

Rくんのはなし。

2019-08-28 (Wed)

小学2年生の男の子R君のあるエピソードです。

年中さんからピアノを習い始めて約4年。
可愛い妹がいて、最近その妹ちゃんも習い始めて
益々頑張っています!

正直、体験レッスンに来た時はちょっぴり
落ち着きの無い雰囲気に大丈夫かな…

と心配もあり

お母様には、お教室では静かにレッスンもお家の方で
練習をする習慣を!

なんて説明をした覚えがあります。


いざレッスンがスタートし
やはりまだ幼児と言う事もあり当然集中力が切れて
ごそごそする事もありましたが

レッスン中は真面目に取り組んでくれて、
練習もいつもきちんとしてきてくれました。


少しずつ上達し、発表会でも難しい曲に
チャレンジしたり、順調にステップアップしてきました!


お家での練習もお母様がきちんと時間を作って
練習してから遊ぶなど真摯に取り組んでくれて、
私もRくんの頑張りに応えたいと、ついレッスンが
熱くなってしまう事もありましたが

Rくんはとても強い子でへこたれませんでした。

涙してしまう事や、ため息をついてしまう事も
あり、あぁ、ちょっぴり強く言い過ぎたかな…

と振り返る事もありましたが次の週にはケロっと

練習したー!出来る様になったー!と。


幼児のお子様や小学低学年くらいまでのお子様は
嫌だーとやらなかったり、タダをこねる事もあるのですが

Rくんのお父様とお母様はその辺りは

ビシっと

甘やかす事なく、割と厳しく教育をされている
印象でした。

ママもレッスンの後は私の話をきちんと聞いて帰って
家で実践してくれていました。

そんな事もあり、Rくんは順調に上達し、
昨年コンクールに参加した際は見事予選を通過し

本選会に出場するまでになりました!


当然、皆んなで喜び本選に向けて練習も頑張りました!
ホント頑張ってくれました。

やはり、コンクールとなると
曲もより細かく仕上げますし、毎日その曲と向き合いながら
自分のものして、本番で演奏をする。

緊張感の中で、その緊張や不安も楽しむ事が、
このコンクールに参加する意味だと思い

結果だけを追い求める事なく
練習の成果を発揮出来る様、練習してもらいました。

本番を迎え、舞台でのRくんの演奏は
堂々と輝いていました!!

舞台袖で聴いていた私も精一杯やり遂げた
今までの事があるので、安心して聴いていました。


そして、演奏が終わり
席に戻る入口の所でママが迎えに来てくれてたのですが
Rくんの立派に演奏する姿に感動し泣いていました。

私も思わず貰い泣きをしそうになったのですが
私の場合号泣に発展しそうだったので

何とか我慢しました 笑


練習では怒鳴りまくっていたママだそうですが 笑


練習を頑張った。
最後までやり切った。

と言う安堵もあったかもしれませんが


何よりRくんのピュアな演奏と成長を感じて
涙したのかな。と感じました。


そして
コンクールを終えた次の週のレッスンの時


私は正直、大変だったコンクールの練習だけに
ちょっぴり後ずさりするかも。

と思っていました。


が、Rくんの何げない言葉に
感動し嬉しくなりました。




つづく。

| レッスンの様子 | COM(0) | | TB(0) | |